Simple HTMLHTMLリファレンス

Main Menu

おすすめリンク

Site Info.

HTMLリファレンス

CSSリファレンス

その他の記事

CSSリファレンス インデックス

スポンサーリンク

CSSリファレンス

CSSの基本TOPCSSBasic

  1. CSSについてHTML文書におけるCSS(スタイルシート)の役割
  2. CSSの書き方ルールセット、セレクタ、宣言ブロック、ホワイトスペース

CSSについてCascading Style Sheets

HTML文書におけるCSS(スタイルシート)の役割

HTML文書におけるタグは、マークアップによって文字列にセマンティクス(意味)を与えますが、これだけではコンピュータには構造を認識されても、人間にとっては何とも味気ない文章の羅列となってしまいます。

そこで、人間の視覚に訴えるデザイン効果を持たせるために、CSSと呼ばれるスタイル言語が用意されています。スタイルシートを使うことにより、HTML文書にレイアウトや色などの様々なスタイリング(デザイン)を適用することができます。

もう一つ、XSLと呼ばれるスタイルシート言語もありますが、通常、HTMLのスタイルシート言語としてよく使われるのはCSSのほうです。どちらもW3Cによって標準規格が定められており、XML応用言語で書かれたスタイルシート言語です。

文書構造とデザインの分離

一般的には、文書構造とデザインは別々に定義したほうが良いとされています。

タグを使って必要最低限の文書構造を定義しておけば、初期のモバイル端末のような情報端末でも負荷をかけずに最低限の処理はできます。一方で、高度な機能を持った端末やブラウザでは、CSSを処理して着せ替え人形のようにデザインを換装することができるため、このほうが合理的というわけです。

つまり、HTML文書はCSSが無くてもきちんと読める文書になっていなければならないということを意味します。

Point
  • CSS(スタイルシート)は文書のデザイン部分を担っている
  • スタイルシート言語は、HTML文書のデザインを指定するための言語
  • スタイルシート言語には、CSSとXSLがある
  • CSSとXSLは、XML応用言語をによって書かれている
  • どちらも、W3Cによって標準規格が勧告されている
スポンサーリンク
Copyright (C) 2010 Simple HTML. All Rights Reserved.