Simple HTMLHTMLリファレンス

Main Menu

おすすめリンク

Site Info.

CSSプロパティ

HTMLリファレンス

CSSリファレンス

その他の記事

CSSリファレンス インデックス

スポンサーリンク

CSSリファレンス

LAYOUT配置TOPCSSPropertiesLayout

  1. display生成するブロック要素の種類
  2. position要素の配置方法
  3. floatフロート(浮動)の指定
  4. clearフロート(浮動)の解除
  5. visibility要素の表示/非表示
  6. top上辺からの距離
  7. right右辺からの距離
  8. bottom下辺からの距離
  9. left左辺からの距離
  10. z-indexスタックレベル(重なり順序)の指定
  11. overflow表示領域をはみ出したテキストの表示方法
  12. clip切り抜き表示(クリッピング)

clip切り抜き表示(クリッピング)

プロパティの値<shape> | auto | inherit
初期値auto
対象要素絶対配置が指定された要素
継承しない
%無効
メディアvisual
W3C Ref.CSS2.1

プロパティの書式と機能

clipプロパティは、position:absoluteやposition:fixedなどの絶対配置が指定された要素に対して、クリッピング(切り抜き)領域を指定します。初期状態のクリッピング領域は対象要素のボーダー内となっており、クリッピング領域外のコンテンツは非表示となります。

プロパティの値

clip: auto

要素は切り抜かれません。(初期値)

clip: <shape>

この値の書式は、rect(<top>,<right>,<bottom>,<left>)となっており、時計回りに基準位置からの距離を<length>値で指定します。値にはautoやマイナス値の指定も可能です。rectは方形(rectangle)を表す識別子で、今後の仕様変更によっては様々な形状が追加されるかもしれません。topとbottomは上辺から、leftとrightは左辺からの距離を指定します。尚、値の書式はCSS2→CSS2.1で大幅に変更されており、最新のブラウザではCSS2.1の書式が有効です。

rectの値基準位置autoマイナス値
<top>親ブロックの上辺'0'と同じ有効
<right>親ブロックの左辺'0'と同じ有効
<bottom>親ブロックの上辺'0'と同じ有効
<left>親ブロックの左辺'0'と同じ有効
スポンサーリンク
Copyright (C) 2010 Simple HTML. All Rights Reserved.