Simple HTMLHTMLリファレンス

Main Menu

おすすめリンク

Site Info.

CSSプロパティ

HTMLリファレンス

CSSリファレンス

その他の記事

CSSリファレンス インデックス

スポンサーリンク

CSSリファレンス

LAYOUT配置TOPCSSPropertiesLayout

  1. display生成するブロック要素の種類
  2. position要素の配置方法
  3. floatフロート(浮動)の指定
  4. clearフロート(浮動)の解除
  5. visibility要素の表示/非表示
  6. top上辺からの距離
  7. right右辺からの距離
  8. bottom下辺からの距離
  9. left左辺からの距離
  10. z-indexスタックレベル(重なり順序)の指定
  11. overflow表示領域をはみ出したテキストの表示方法
  12. clip切り抜き表示(クリッピング)

visibility要素の表示/非表示

プロパティの値visible | hidden | collapse | inherit
初期値visible
対象要素全要素
継承する
%無効
メディアvisual
W3C Ref.CSS2.1CSS3

プロパティの書式と機能

visibilityプロパティは、指定した要素の生成するボックスの表示または非表示を指定します。displayプロパティのhiddenと違い、ボックスの領域は確保されたままなので、他の要素のレイアウトには影響しません。用途としては、要素内容の一時的な表示と非表示の切り替え等で使われることが多いプロパティです。

プロパティの値

visibility: visible

生成された要素ボックスを通常通り表示します。

visibility: hidden

生成された要素ボックスをレイアウトから外さずに、要素内の子孫要素も含めて非表示状態にします。非表示状態の子孫要素にvisibleを指定して表示することも可能です。

visibility: collapse

行・行グループ・列・列グループに指定した場合は、それらをレイアウトから外して後続するテーブルの内容を詰めて表示します。それ以外の要素に対してはhiddenの指定と同じになります。

スポンサーリンク
Copyright (C) 2010 Simple HTML. All Rights Reserved.