Simple HTMLHTMLリファレンス

Main Menu

おすすめリンク

Site Info.

HTMLリファレンス

CSSリファレンス

その他の記事

CSSリファレンス インデックス

スポンサーリンク

CSSリファレンス

汎用セレクタGeneral selectorsTOPCSSSelectorGeneral

  1. *ユニバーサルセレクタ
  2. E要素タイプセレクタ
  3. E#myidIDセレクタ
  4. E.warningクラスセレクタ

ユニバーサルセレクタ(全称セレクタ)Universal selector

書式*個別性0
ユニバーサルセレクタについて

ユニバーサルセレクタは全称セレクタとも呼ばれ、全ての要素タイプ名を対象にマッチします。よく利用される例としては、全要素のマージンやパディングの値を一括してゼロに統一するなど、ユーザー側でスタイルを初期化したい場合に使用します。

*	{ margin: 0; padding: 0; }
ユニバーサルセレクタの省略

次のようなケースでは、ユニバーサルセレクタが省略されていると見なされます。

 #myid		{margin: 0;}			ID付きの要素タイプ名
 .example	{border: solid #000 2px;}	クラス付きの要素タイプ名
 :hover		{color: red;}			擬似要素の要素タイプ名
*#myid		{margin: 0;}
*.example	{border: solid #000 2px;}
*:hover		{color: red;}

また、ID名、クラス名、属性、属性値に対して使用することは出来ません。

div#*		{color: red;}			ID名はNG
div.*		{border: solid #000 2px;}	クラス名はNG
div[*]		{border: solid #000 2px;}	属性名はNG
div[id="*"]	{border: solid #000 2px;}	属性値はNG
スポンサーリンク
Copyright (C) 2010 Simple HTML. All Rights Reserved.