Simple HTMLHTMLリファレンス

Main Menu

おすすめリンク

Site Info.

ページの情報・定義

タグ名称

機能別

HTMLリファレンス

CSSリファレンス

その他の記事

HTMLリファレンス インデックス

スポンサーリンク

HTMLタグリファレンス

Definitionページの情報・定義TOPHTMLTAGDefinition

  1. metaメタデータ
  2. title文書のタイトル
  3. link関連する文書ファイル
  4. base基準URI
  5. bdo文字の表示方向

<meta>Meta dataメタデータ

HTML VersionHTML4.01XHTML1.0XHTML1.1HTML5

<meta>は文書に関連する製作者やキーワード・説明など、Webサイトの情報を定義する基本情報タグの一つで、<head>タグ内に必要な数だけ記述することができます。ここで定義した情報は、検索エンジンの結果やブラウザに表示されるページのタイトルとして利用されることがあります。

固有の属性一覧
属性機能
contentテキストメタ情報の内容を指定します。単独では使用せず、下記のhttp-equiv属性やname属性の値の指定に使用します。必須
http-equivcontent-type
content-style-type
expires
refresh
set-cookie
content属性の情報をhttpヘッダに渡します
nameauthor
description
keywords
generator
revised
others
content属性の情報に名前や説明を付加します
schemeformat/uri属性値を解釈するための情報を指定します

ページ全体の文字コードを指定するTips

文字コードにShift_JISを指定
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">

文字コードにUTF-8を指定
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">

http-equiv属性のcontentは、ページで使われる文字コードの種類を指定します。この指定を記述しておくことで、文字化けを防ぐことができます。また、タイトルの文字化けを防ぐために、タイトルタグよりも前に記述します。

通常、日本語のホームページではShift_JISかUTF-8が良く使われますが、WindowsやMacintoshでは特別な場合を除き、Shift_JISを指定します。

指定した秒数後に特定のページにジャンプさせるTips

<meta http-equiv="refresh" content="秒数;url=http://cccs.cc/">

http-equiv属性のrefreshは、指定した秒数後に別のページにジャンプさせることができます。Webサイトの引越しなどで、アドレス変更を知らせたい場合に便利です。下の例では、うまく動作しない場合も考えて通常リンクも記述しています。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html>
<head>
<title>ホームページアドレス変更のお知らせ</title>
<meta http-equiv="refresh" content="5;URL=http://cccs.cc/">
</head>
<body>
5秒後にジャンプします。<br />
ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。<br />
<a href="http://cccs.cc/">http://cccs.cc/</a>
</body>
</html>

検索結果に表示させたいホームページの説明文を指定するTips

<meta name="description" content="文字列(Webサイトの説明文)"

GoogleやYahooの検索結果では、説明文として1行あたり約40文字程度(全角)が3行表示され、それを超えた部分は「...」で省略されます。従って、説明文は120文字程度でコンパクトにまとめるのが良さそうです。ちなみにdescriptionを指定していない場合は、検索エンジンが自動的にコンテンツの文章を引用して表示します。

スポンサーリンク
Copyright (C) 2010 Simple HTML. All Rights Reserved.