Simple HTMLHTMLリファレンス

Main Menu

おすすめリンク

Site Info.

文書構造(汎用要素)

タグ名称

機能別

HTMLリファレンス

CSSリファレンス

その他の記事

HTMLリファレンス インデックス

スポンサーリンク

HTMLタグリファレンス

GENERAL文書構造(汎用要素)TOPHTMLTAGGeneral

  1. h1-h6見出し(レベル1~6)
  2. p段落
  3. div汎用グループ化要素(ブロックレベル)
  4. span汎用グループ化要素(インライン)
  5. center中央寄せ
  6. hr横罫線
  7. br改行
  8. address問い合わせ先アドレス

<h1>~<h6>Header見出し(レベル1~6)Block

HTML VersionHTML4.01XHTML1.0XHTML1.1HTML5

<h1>~<h6>はHTML文書の見出し部分を定義する要素です。通常はコンテンツの各章やセクションの冒頭に置かれ、見出しの大きいものから降順(<h1>→<h6>)に記述します。

EXAMPLE
<h1>見出しレベル1</h1>
<h2>見出しレベル2</h2>
<h3>見出しレベル3</h3>
<h4>見出しレベル4</h4>
<h5>見出しレベル5</h5>
<h6>見出しレベル6</h6>
初期状態(スタイルシートを適用しない場合)の表示例

見出しレベルは6段階が用意されており、文字の大きさは<h1>(大)→<h6>(小)へレベルに応じて表示されます。また、スタイルを適用しない初期状態では、書体は太字(ボールド体)が適用され、前後には余白が挿入されます。

初期状態におけるh1~h6タグの表示例

固有の属性一覧
属性機能
alignleft
right
center
justify
表示する内容の横方向の位置を指定します非推奨

HTML4.01TransitionalDTD

<!ELEMENT (%heading;)  - - (%inline;)* -- heading -->
<!ATTLIST (%heading;)
  %attrs;                              -- %coreattrs, %i18n, %events --
  %align;                              -- align, text alignment --
  >

XHTML1.0TransitionalDTD

<!ELEMENT h1  %Inline;>
<!ATTLIST h1
  %attrs;
  %TextAlign;
  >
	※h2以下省略

見出しタグを使って文書を適切に構造化Tips

文書内のコンテンツを見出しや段落などの構造化タグで適切にマークアップすることで、より読み易く、検索エンジンにも好かれやすいコンテンツ構造に仕上げることができます。

├<div>
│├<h1>見出しレベル1</h1>
│├<p>段落・・・</p>
│├<div>
││├<h2>見出しレベル2</h2>
││├<ul>
│││└<li>List item-1</li>
スポンサーリンク
Copyright (C) 2010 Simple HTML. All Rights Reserved.